#晴耕雨読

July 03, 2019

理性と感情の狭間で




コーヒーを啜りながら
窓の外ぼんやりとした梅雨の空を眺める



私の中に今
何の垣根もなく
咎も生まれてない事に気がつく



ふと目を庭の葡萄に移すと
実もたわわに茂る小さな房が
蔓につかまったまま
新しい息吹を持て余している



豪雨の爪あとの激しさ
時間の経過を告げてくる
まだ青いままの小さな小粒たち



激しい風の中
揺れるそれを目にして
理性と感情の狭間で思うのは
あなたの幸せを祈る事



理性と感情の狭間で願うのは
世界の恒久平和



そんなの絵空事だって
そんなのありえないって
そして綺麗ごとだって
誰かが言ったとしても



私は声を大にして言おう



理性と感情の狭間で願うのは
世界の恒久平和










starrysky_1968 at 20:58|Permalink