#kimono

July 02, 2019

着物フリークとして一言

今日は一言、着物フリークとして物を言わせていただきたい。 
 下記の動画をお見かけして、これはやばいと私自身も感じたから。 正直言ってこの女性と私は何の面識もない。
そして何の接点もない。 
 ただ一つ、私も彼女も
「着物を大好きな着物フリーク」さんだということだけが事実だ。
けれど心を動かされた。
彼女の着物へ対する愛情がひしひしと伝わってきたからだ。 
 社会的に言及するのは大変恐れ多い。
 自分自身の考え方や思想や、知識量が問われる気がして。 
 でも動画の内容がもし事実だとしたら、お金で日本文化の象徴である 着物の権利を買われるのは悲しいことだ。 
 この世の中には決してお金で買えないものが有るのだ。
 動画の中の彼女が言おうとしている意に即しているかどうかは分からないが、 私も彼女の意見に同意して今回このブログを書くことにした。 アメリカは私の第二の故郷だ。
 過去に渡米して、現地で出会った沢山のアメリカ人の方々。 とても友好的な関係を築いた。
 その第二の祖国アメリカと私の祖国日本とが今この事象を通して対立しているのはものすごく悲しい。 
着物は日本の文化。 もっともっと着物を知りたいし、若い世代にも着てほしい。 
 私が祖母から、そして母から譲り受けた愛情の標も着物だった。 
 日本の着物は日本人古来のまっすぐな自己表現方法のひとつ。 それを下着呼ばわりされるのは大変遺憾だ。 
日本の文化と伝統の中に着物の存在は絶対的に欠かせない。 
 この事象がひとつのきっかけとなって 皆が自分の祖国の文化をより一層、大切に思う心を取り戻していけたらと切に願う。
乱筆乱文失礼しました。



starrysky_1968 at 11:30|Permalink